各調理器具別に見るメンテナンス方法

家に置いてあるもので楽に出来る調理器具の簡単なメンテナンス方法

この記事をシェアする

包丁が錆びないようにするためにはコレが大事

包丁の基本的な洗い方

では、始めに包丁の洗い方として基本的なポイントをおさえていきましょう。

ポイント1
使い終わった包丁は食器用洗剤でしっかりと洗い、水で流してください。

ポイント2
水で流したあと、お湯で刃の部分にかけてください。
そうすることで金属部分が締まり、刃持ちが良くなります。
お湯は熱湯ではなく、体温並みの温度で温める感じでやってみてください。

ポイント3
そしてその後にすぐ布巾などでしっかりと水分を拭き取ってください。
拭いたあとは、自然乾燥させるだけです。

乾燥させる場所ですが、湿気の多い場所は避けましょう。
せっかくキレイに洗っても、水分が多く含んでいる場所に置いてしまえば錆びてしまう可能性があります。
こうしておくことで包丁の質は下がりにくく、長持ちしやすくなります。

錆びてしまったときの対処法・予防

もし、錆びてしまった時は次の方法で落とすことが出来ます。
ですが、包丁にも種類があるのでそれにあわせたメンテナンス法を知っておいたほうが良いですね。
今回は、鉄製とステンレス製の対処法を紹介します。

鉄製の包丁
水でぬらした包丁にクレンザーを表裏にしっかりとかけてナイロンたわしで磨くようにしてください。
また、ワインのコルクでもたわし代わりになります。
サビが取れたら、水でしっかりと流してください。
布巾などで水気をとり、新聞紙などでくるんでおけば錆びにくくなります。

ステンレスの包丁
こちらも鉄製と同じくクレンザーを使用しますが、たわしではなく錆び取り用ゴムを使えば落ちやすくなるので便利です。
たわしでも落ちることは落ちるので、錆びとり用ゴムがなくても大丈夫です。
水で流し、布巾で水気をとって終了です。

サビ取りのときによく刃先で怪我をしてしまうことがよくあります。
くれぐれも注意しながら行ってください。